あなたの光は美しい -HIKARUWA's blog

輝くことを決めた光の仲間たち、一緒に進もう、一緒に地球で遊ぼう。

「愛している」ようで、その実「愛されている」のだ。

 

彼女は、無条件ですべてを受け入れ、すべてを愛しているのだと思った。
この光景は、この存在は、奇跡以外の何者でもないと思った。
わたしは彼女に、かみさまを感じた。

 

f:id:hikaruwa:20170731115108j:plain

 

LOVE

 

 

 

 

 

 

 

 

そのよわさを ささげあえたら

 

わたしは よわい

あなたは よわい

 

そのよわさを

ささげあえたら

 

ここは

よろこびと愛で

うるおうせかいに

なるのだろう

 

よわさを愛することは

こんなにも世界を鮮やかにする

 

 

f:id:hikaruwa:20170713151445j:plain

 

 

 

感覚の海の中

もともと感覚的なタイプだったけれど

最近はその傾向がとてもつよい。

 

どんどんどんどん、感覚の海の中へ潜って

言語化がまったく追いつかない。

 

言語というツールだけでは

「わたし」のなかにあるものをすべて表現できない

 

と言ったほうがしっくりくる。

 

 

何度も何度もあらゆる方向から

たくさんのイメージがわたしのなかへ投げ込まれ

それを受け止め昇華して

自分の一部にするように、ならす。

 

ひとつのことを話しているのに

次から次へとその話の違う説明ラインがあらわれて

それを外へ出すスピードが全く追いつかない。

 

出したいのに、ことばにならなくて

結果的に口をぽっかりあけつづけてしまうというありさま。

 

テレパシーでイメージを飛ばしあえる関係はとても楽だ。

 

ことばというツールは

いまのわたしにとって、ほんとうにとてもふじゆうだ。

 

 

でも、これでいい。

これがわたし。

 

もっともっと自分の中を自由自在に飛び回る。

下へ下へ、それから上へ。

右と左と前と後はもういらない。

 

まわりを見る必要はない。

興味がないことが当たり前。

 

究極の自己中だ。

 

太い光の柱が立ち、輝きが増し

すべての行動が影響力を持つことになる。

 

おそれることはない。

それが本来のわたしの姿。

もどるだけ。

 

誇りを持ち、この場所に立ち続けるだけ。

 

 

f:id:hikaruwa:20160711115204j:plain

 

 

なにもできない女性性

受け入れるだけ。

ゆだねるだけ。

感じるだけ。

 

こんな女性性もあったのね。

とても心地いい。

 

やさしいおだやかなエネルギー。

信じて、待つちから。

 

陰陽反転のとき。

 

男性性はすべて預け、

女性性が増幅する。

 

ゆらゆら、気持ちいい。

 

気をはらなくてもいいし、

切り開かなくてもいい。

 

前に進まなくてもいいし、

コントロールしなくてもいい。

 

 

感じて、そして、待つだけ。

 

弱さを、愛として差し出す。

 

f:id:hikaruwa:20160711115647j:plain

 

このなにもできない女性性と出会えて

わたしはとてもうれしい。

 

なにもできないけど、それでいい。

待ってるだけでいい。

弱いことこそ、いい。

 

このプロセスと

導いてくれたすべての存在に

心からありがとう。

愛しています。

 

 

 

 

 あなたの光、描きます♪


 

 

あなたがどれだけ美しいのかを、伝えさせてください。

 

日々わたしは自分自身のエネルギーを磨いています。

 

エネルギーはどんどんシフトしていって、とある瞬間に境界線をこえました。

大きなエネルギーのジャンプアップが起きたのです。

 

魂の道に入り、約束を果たします。

 

高いところを耕し終わったので、低いところへ降りてきて

それから次のレベルの高いところへ飛ぶことができるようになったのです。

 

戻ってくる場所が耕されているので、今までよりさらに高く飛べる。

 

わたしの人生のテーマは「変容」と「美」です。

美しさをどんどん共振させていきます。

 

 

あなたがどんな状態であろうとも、

わたしはあなたの光にしか興味がないのです。

 

わたしにはあなたの光が見えています。

弾けるように大きな愛のあなたが見えています。

 

どうかわたしに描かせてください。

 

あなたに、

あなたがどれだけ美しいのかを伝えさせてください。

 

 

 

それがわたしのよろこびです。

 

 

 

f:id:hikaruwa:20170313154030j:plain

 

 

 

 

あなたの光を描かせてください▼