あなたの光は美しい -HIKARUWA's blog

輝くことを決めた光の仲間たち、一緒に進もう、一緒に地球で遊ぼう。

光のヒーリングについて

 

わたしは誰かにヒーリングの型を教わったことはありません。

 

もちろん、いくつかのヒーリングと呼ばれるものを受けたことはあります。それらのものがベースになっているのかもしれません。

 

わたしの中で色々な見方があるんですが

 

  • 受けてきたヒーリング(インプット)がわたしのなかで混ざり合ってひとつのカタチとして、アウトプットされたものである
  • オリジナルを作るために、逆に、必要な素材としてヒーリングを受けさせられていた(ガイドと呼ばれる存在なのか、ハイヤーマインドなのか、かみさま、なのか)
  • 前世でやってたのを思い出した

 

みたいなかんじ。

 

このヒーリングのやり方は、わたし自身が半覚醒状態で、ガイドのくじらのお腹の中で教わったものです。(誰かに教わったわけではないけどガイドに教わりました。)

 

f:id:hikaruwa:20160630204952j:imagef:id:hikaruwa:20160630205010j:image

 

こんなところでした。

 

どっちかというと仄暗くて、実験室とか、手術室とか、そんなかんじ。お腹の中だから、赤黒いかんじ。だけど怖くはないんです。

 

そこに1人、執事のような助手のような男性が立っていて、わたしは台の上に仰向けに寝ています。夢のような、ビジョンのようなものです。インスピレーションが降りてくる感覚というよりは、見させられている、そんな感覚。

 

わたしの右手が勝手に動いて、わたしのチャクラに手を当てていく。

同時に現実の右手も、勝手に動く。チャクラに手を当てていく。

 

夢のような場所と、現実の世界を、行ったり来たりしていました。

 

わたしはエネルギーのうごきに敏感で、うごく感覚や、流れた感覚などを感じます。

そのくじらのヒーリングで、エネルギーのうごきを感じていました。

 

 

そして

 

あとはあなたが完成させなさい

 

そう、伝えられました。

 

f:id:hikaruwa:20160704171527j:plain

 

それが、ひかるわのヒーリングの原型です。授けられたのだと感じました。やるしかないのだと。どのように肉付けしていけばいいのかも、すでに知っているようでした。

 

おもしろいのが、ヒーリングをしていると、わたしもヒーリングされている感覚になるのです。エネルギーがたくさんうごく。

それは、受け手のエネルギーと連動していることもあります。パイプ役なので、からだの中を流れていっている感覚だったりもします。

 

そしてグランディングも強くなる。

グランディングが弱いのがずっと課題だったのですが、ヒーリングをすると強くなった。

なぜ?

それは、ヒーリングをすること(外に向かってエネルギーを動かすこと、「わたしを世界に与える」ということ※)が、イコール地球で生きること(仕事をすること、使命を生きること)だから。

※エネルギーをあげるという意味ではありません。わたしがわたしでいることで、影響を与える、触発を促す、そんな感じ。

地球に光を広げるために、わたしにはヒーリングという方法が与えられていたのに、それを使っていなかった。自分の中でエネルギーを持て余していた。別の方向に使ってしまっていた。使い方がわからず、循環できないので、内側で熱がこもっていた。(「わたしを与える」ということに抵抗していたのかもしれないし、準備期間として様々な経験を与えられていたのかもしれません。)

だから、地球に肉体を持って存在しているのに「地球で生きること」を本当の意味で選択できていなかった。地球に存在しているのに、地球に足をつきたくない!ってやっていたんですね。

 

 

わたしは、仲介者です。

ほんとうは、パイプがなくてもきっとつながれるんです。つながり方を忘れているだけで、みんな知っているんです。

だから、「ある」前提でエネルギーを動かします。エネルギーはあなたに十分「ある」。光はすでに「ある」。

わたしは思い出すためのお手伝いです。

 

ガイドのくじらやイルカ、あなたのガイドも手を貸してくれます。たくさんの光たちが、あなたを導いてくれます。

ヒーリングのときだけではなく、いつも、あなたは守られていますよ。

 

実体のあるものだけで世界はつくられてはいないのです。あなたも、わたしも、光なのです。

 

f:id:hikaruwa:20160704171503j:plain

 

ヒーリングの流れについて書きます。イメージ〜ヒーリングの時間はおよそ60分です。ヒーリング中に起きていることを言語化するとこんな感じになります。

 

まず、ボディにエネルギーの供給を促すためのスイッチを入れます。これにより、別の次元から、無限のエネルギーがあなたのボディへと送り込まれ始めます。

 

そしてイメージの力を使い、半覚醒状態へ。供給されているエネルギーが、あるべき場所へと動かされるためのベースができます。

こわばりや、力みや、思考が、スルスルとほどけていき、光とつながることを受け入れやすい状態へと導かれていきます。

 

意識はあるけれど、からだは寝ているような。ずっとこのまま、感じていたいような。不思議な心地よい状態です。眠ってしまっても大丈夫です。

 

潜在意識からあがってくる感情の処理が起こりはじめます。

何か夢のように映像を見ていた気がするけれど、思い出せない。

思い出せなくても良いのです。普段の生活の中ではクリーニングすることが難しいエネルギーが上がってきては、どんどんクリアにされていきます。

 

ボディの準備ができると、わたしがあなたのチャクラに手を触れていきます。

天、宇宙、高次、愛。どんな呼び方でも構わないのです。わたしは、あたたかな懐かしい場所から降ろされてきた、光のパイプ役となります。

十分エネルギーに満たされた、あなたのエネルギーフィールドやボディに触れると、それは波紋が広がっていくように、反応し、変容していきます。

まるで、あなた自身のボディのエネルギーと、わたしがつなぐ光のエネルギーが、化学反応を起こすように。

 

あなたが、あなたの光につながりやすくなるように。気づけるように。受け入れられるように。エネルギーのバランスがとれていきます。

あなたの中にはすでにその光があるので、つながることは難しいことではないのですよ。

 

終わったあとは思考が働かず、ボーッとしやすい状態かもしれません。好転反応として、これまで抑えていた感情が出てきやすくなることもあります。その感情を誘発する出来事が起こることもあるかもしれません。(感情が先で、現象は後です。その感情を持っているから、それを感じさせるような現象が起こります。)

デトックスなので、できれば無理のない範囲で、感情をただ感じてみてください。お水をたくさん飲んで、ゆっくりしてくださいね。よりあなたがクリアになっていくプロセスです。

    

ひかるわセッションのお申込みをお考えの方へ 

ひかるわセッションのお申込み・お問い合わせ


hikaruwa.wix.com