あなたの光は美しい

アートや、こころや、スピリチュアルや、日々のこと



触覚・嗅覚が開けてきた!



Follow Me

20170202181343

f:id:hikaruwa:20160711115729j:plain

わたしの優位・得意なチャクラは、第6チャクラ(サードアイ・第3の目)なんですが、以前も書いたようにずいぶん負担をかけてしまっています。

一部のチャクラのみに負担をかけていると、エネルギーの消耗が激しかったり、からだのバランスが崩れやすかったりするんですね。

なので、それ以外の感覚でエネルギーを感じたり、情報を得るために、自分なりに訓練を続けていました。

 

意識をおいていたのは

触覚(皮膚の感覚)と嗅覚(におい)

 

からだの感じ方としては今までと変わらないのですが、あらためて意識を向けて生活してみると、エネルギーを触覚・嗅覚として感じ取れている!ということに気づきました。

 

うれしい!こういうの大好き。

 

あまり良くないエネルギーや場だと、吸う空気は熱がこもったようにどんより重くて、(酸素濃度が低い感じ)からだに入るときは、通りが悪いように感じたり、頭の奥(松果体?)にツーンと溜まる嫌な感じ(におい)がしたり。時には偏頭痛のようにズーンと痛む。(頭に来るのは、第6チャクラも使っている・通しているからだとも思います)そして息苦しかったり。みぞおちがムカムカしてきたり。その空気感を皮膚の情報としても同時に感じている状態です。

 

逆に、清らかなエネルギーや場だと、澄んだサラサラとした空気がスーッと体に吸い込めるような感じ。喉が渇いたときに飲むお水のように、さ〜っと体に浸透していく感じ。触覚としてはキュッとひきしまった、密度の高い空気感。場合によっては心地よいひんやり感。浄化される感じ。スキッとしたクリアなにおい。

わかりやすいのは、森に入ったときや、清らかな小川や滝の近く、パワースポットと呼ばれる場所ですね。そういう場所に行くと、他と空気が違うように感じられたりします。そんな感じです。それの延長で、さらに微細な感じ。

 

普段から感じてはいたんだと思います。だけどきっと、ほとんど意識できていなかったんですよね。第6チャクラに頼っているし、使おうとしていなかったんです。

第6チャクラの活動のために集中させていたエネルギーを、ふり分ける感じ。バランスよく、他のチャクラや感覚と連動させて。

 

チャクラってサンスクリット語「輪」「車輪」という意味なんですね。そっか、「ひかるわ(光る輪)」には、チャクラのことがちゃんと含まれてたんだ。光る、チャクラ。輝きを増すエネルギー。なんて素敵なシンクロニシティ。すべてつながっていたんだ。潜在意識、ガイド、ハイヤーセルフはわかってたんだ。うれしいな。

 

チャクラのそれぞれの歯車が噛み合ってどんどん回転していくビジョン。第1チャクラから第7チャクラにむかって車輪は小さくなっていくようなイメージ。上に向かえば向かうほど回転数は多く、スピードははやい。

ベースの第1チャクラの重要性。重く大きい回転だからこそ、地球にしっかりとつながれる。だからこそ、すべてのチャクラのバランスの大切さ。なおさら、今までどれだけ第6チャクラの回転で踏ん張ってきたのかがよくわかる。車輪がうまく噛み合うことで、やっぱりバランスが取れるんだ。

 

こうやって意識して、実際のエネルギーとわたしの感じ方とのつながりを検証していくのが、とても好きでおもしろいです。気づくと、より敏感に感じはじめます。どんどん知識・インスピレーションがつながっていく。

 

 

そして、またおもしろいのが、

嗅覚の発達は、第1チャクラ(第2チャクラという説も)の発達と連動しているそうで。

なるほど〜。 この記事(チャクラのこと、ヨガのこと、宇宙船のこと[わたしの好きな話])に書きましたが、わたしの第1・2・3チャクラは弱かったのですが、最近発達してきているんですよね。

チャクラが発達したから、嗅覚も発達してきた。

 

おもしろ〜い!

今日はたくさん気づきがありました。わたしはご覧のとおり、チャクラとエネルギーマニアです!たのしい。

 

 

hikaruwa.wix.com