あなたの光は美しい

アートや、こころや、スピリチュアルや、日々のこと



「よそ見をせず、続きをやる」浜比嘉島イニシエーションメモ。



Follow Me

20170202181343

 

f:id:hikaruwa:20161219183249j:plain

先月末のできごと。

浜比嘉島イニシエーション(儀礼)メモ。

 

-----

 

浜比嘉島へ入ったときから

体の底から「おもい(エネルギー)」があがってきて

それは涙になって流れ

 

ホテルへ向かう途中にアマミチューの墓を見つけまた涙が流れ

やっぱりこの場所へ呼ばれていたのだと確信する

 

 

その日はもう夜遅かったので次の日に向け自分を整える

 

部屋からは見渡す限り海が見える

バルコニーに椅子を出して波の音を聞き風を感じ空気を感じながら

湧き上がってくるとてもなつかしい気持ちを確かめていた

 

熱帯の森のなかで波の音を聞きながら

巫女をしている自分のビジョンが見える

木と土の匂いが感じられる

 

巫女の仕事は天と地をつなぐこと

神様と男性をつなぐこと

 

つかまえようとしてもつかまえられない

淡い断片的な記憶、感触

指の間をするすると逃げていく

だけどとても心地よい感覚

 

 

次の日夜が明けるとともに

シルミチュー霊場

まずウル(珊瑚)を探しに浜辺へ

そこで携帯がいつの間にかなくなっていることに気付き

しばらくして海のなかに漂っているのを発見

1ヵ月前にトイレに落として買い替えたばかりのiPhone

いつどこから海に落ちたんだ

この場所ではいつも携帯が使えない

 

 

シルミチュー霊場の鳥居のもとでまずご挨拶

始まりの笛の音が2度鳴り(めっちゃびびった)

鳥居の中の世界を見ると

早朝というのもあり神様の世界がひろがっていて怖いと思ったけど

おいでおいでと呼ばれたので泣きながら進む(勝手に涙がでる)

 

「来た、来た。来た、来た。」

声がする

小雨が振り始める

 

御礼を伝え

ウルを置き

これからの必要なお導きをいただけるようお願いする

 

体が軽くなったのを感じる

 

 

 

アマミチューの墓では

天女のような軽やかなエネルギーがふわーっとやってきて

優しく見つめられ

優しく顔を撫でられ

またわたしは涙を流す

 

周りの世界は霧がかってしまった

あの世に迷い込んでしまった

 

戻れなくなってしまいそうで足早で車へ

車に戻った途端、暴風雨

禊と浄化、儀礼の暴風雨

 

 

 

ホテルに戻り朝食をとり

昨夜と同じように波の音を聞きながら

湧き上がるなつかしい気持ちを確かめていた

 

そしてやってきた光の玉

 

「わたしは何も失ってなどいない」

 

 

アマミチューとシルミチューのエネルギーが

わたしのなかで統合した

まじわってひとつになった

 

わたしは何も失ってなどいなかったのだ

 

 

ノロの墓へ向かう

変わらず雨は降り風が吹く

入る前からすごいエネルギー

「わたし」がいると思った

過去生のわたし

 

ここから海を見てる

 

号泣した

涙が止まらなかった

 

この世に残っている「わたし」のおもいを拾って

今のわたしとひとつにした

 

スカルもあった

スカルは再生、再誕生、魂の入れ替えの象徴

 

この島で楽しく巫女をしていたんだね

アマミチューシルミチューに仕えて

愛するひとと生きていたんだね

 

「続きをやる」

 

わたしは口走っていた

過去のわたしと、今のわたしが同時にしゃべった

  

過去からの続きをこの人生でやるんだと一瞬で理解した

 

 

 

それから東の御嶽へ向かった

とても心地よく気持ちのよい場所

 

暴風雨なのにそこだけ太陽の光が差し込んでいる

 緑が生い茂り森の中でここだけ開けている

 

わたしが波の音を聞きながら感じていた

木と土の匂いが感じられる熱帯の森のなかは

ここのことだったのだ

 

笑いがこみ上げてくる

すべてがつながってとってもハッピーだ

 

「よそ見をせず、続きをやる」

 

また口走った

今度は笑っている

 

 

 

 

 

↓エネルギーアート描いています (サイズのご相談受けます♡)

 

↓今まで描かせていただいたエネルギーアートはInstagramにまとめています♡