あなたの光は美しい

アートや、こころや、スピリチュアルや、日々のこと



姪の恩恵



Follow Me

20170202181343
20170202181343

 

ずいぶん冷え込むようになってきましたね。

今日はわたしの話。

 

わたしには「外へ外へと集中力を持って勢いよく拡大していく性質」と「内へ内へと自分の世界に没頭する性質」の両方があります。 

外へ向かう時期と内へ向かう時期がはっきり分かれることも。

最近はまさに内へ内へ、のサイクルでした。

そして内の感覚が満たされ、11月に入ってから外へ溢れるようになり、アウトプットサイクルに入ったようです。

 

世界がずいぶんと軽くなっていますね。 

この世界がすべて投影であるとするのなら、自分の内側がとても安定しているのだと感じます。

逆も然り。

わたしたちの集合無意識はつながっているので、個から全体への影響も、全体から個への影響も、どちらもあります。

 

姪っ子モデルのLINEスタンプを制作しましたが(審査待ち)彼女がもたらしてくれた恩恵は計り知れません。

 

f:id:hikaruwa:20171116134359p:plain

 

すべてを受け入れ愛する存在である彼女の様に、自分もそんな存在であることを改めて感じたり。 

家族が彼女を愛する様に、自分も同じように愛されてきた存在なのだと深いところで固くなってしまっていたものが溶け出したり。

 

そしてとても大きなギフトは、結婚して子供を生んでみたいと思えたこと。

今までは、結婚も子供もなるようになるさ〜という、良く言えば流れに身を任せますスタンス、悪く言えば現実味がない感じでした。 

どこか家族(家族を持つこと)と離れたところにいると(勝手に)感じていたようなわたしが、結婚して子供を生んでみたいと思ってしまったのです。 

場のおだやかな優しさや、ささやかな愛にフォーカスし、家族の内に(家族でなくともコミュニティでもいいです)ただ、ただ、くつろぐということ。

それは、とても根本的で地球的で簡単で、だけどなんだか難しく感じていたグラウンディングだったようです。

 

いいものもわるいものも

愛も怖れも

まるっとぜんぶわたしにいれる。

だってわたしは“わたしたち”だから。

 

ここをおろそかにしてはいけなかった。

ここをやらずして本当の安定は得られなかった。

これが地球の法則。

 

いまはとってもそんなきぶん。

 

 

f:id:hikaruwa:20171116141457p:plain

 

心理カウンセリングなどで家族との関係を癒すといいと言われるのは、こういうことなんだろうと感じています。

別の視点で見ると、こういう流れになることはすべてシナリオ通りって感じですね。

  

姪はわたしの妹の子なんですが、妹とは色々と約束してきた縁を感じるんですね。

映画「かみさまとのやくそく」じゃないですが。(実はその映画、ほんとに偶然一緒に観に行ったり)

 

おねえちゃん、さきにわたしがこどもをうんでみせるから、それからおねえちゃんもそうしたいっておもえるようにしよっか!

 

そんなことを約束してきたような気がするんですね。

もちつもたれつ。

妹はわたしの変人ぶりにも理解があり、むしろ尊重・尊敬してくれとっても助かります。逆にわたしも妹の素質を尊敬しています。

 

 

つらつらととりとめなく書きました。

今はパートナーがいませんが、今までのパターンとは違ってこれから出会う人は一緒に家庭をつくっていけるような人なんだろうと思っているところです。

 

だけどそれさえも手放して。

“わたしたち”を愛する日々。

 

f:id:hikaruwa:20171116142041p:plain

BYE